秋の肌

柴原幸子です。

除々に気温が低下し、涼しく過ごしやすい季節の到来です。
やっとGOTO も全国規模になりそうで、外出の機会も増えてきますね。

マスクと共に過ごした夏を超えたお肌は、いつもの紫外線や冷房のダメージの蓄積+マスクの擦れの刺激・呼気のこもりによる、汗と乾燥・・・シミやそばかす、くすみ、肌荒れなどの肌悩みが現れやすくなります。

また、秋から冬にむかっては気温、湿度の低下や暖房の影響により、 さらに肌は乾燥し、小じわやハリがないなどの肌悩みを引き起こします。

過ごしやすい今の時季に、夏の肌ダメージを早めに回復すると同時に、 これから迎える寒い時季にむけて、肌を守る準備をはじめましょう。

☆今の時季、現れやすい肌悩み

☆夏に受けた紫外線の蓄積による、シミ、ソバカス、色むら

☆夏に受けた紫外線ダメージによる、角質肥厚、ごわつき ☆気温、湿度の低下による、乾燥、肌荒れ、小じわ

☆血液循環、新陳代謝の不調による、くすみ、ハリの低下

☆秋のお手入れのテーマ
①きちんと保湿
②丁寧なクレンジング
③細胞の活性(スペシェルなケア)です。

紫外線の量、強さともに低下しますが、夏に浴びた紫外線の影響が 気になりはじめます。
紫外線を浴びた肌は保湿機能が低下し、うるおいが肌に保たれずに 乾燥するため、ごわつきやくすみなどの悩みが肌に現れやすくなります。
また紫外線の影響によりシミやそばかすが気になります。

この時季、働きが鈍りがちな肌の生まれ変わりを助け、紫外線の影響を 肌に残さず明るく澄んだ透明感のある肌に導くお手入れをご提案致します。

お店で色々聞いてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です