10月15日、資生堂秋冬セミナーに出席して来ました。(≧∇≦)

10月15日、資生堂秋冬セミナーに出席して来ました。(≧∇≦)

10月〜11月は過ごしやすい天気が続きますが、気温、湿度ともに低下し乾燥が深まる時期でもあります。特に皮膚温の低下による代謝不良は、肌の表面だけでなく内部にも影響が出てきてシワやたるみに繋がってしまいます。

秋冬のお手入れのポイントは”保湿・保温・賦活”です。化粧水、乳液でたっぷり水分、油分を補給し、クリームで細胞に栄養を与えます。クリームには保湿・保温・賦活効果がしっかり入っていますのでこれからの時期は欠かさずつけましょう。
また、日中の乾燥から肌を守るのはファンデーションの役目です。乾燥肌の方は、なるべくしっとりした感触の保湿力のあるものを選びましょう。お直しも忘れずに。エアコンの効いた室内では、崩れたところから肌荒れしていきます。

体の中から保湿力を高める工夫も必要です。良質のたんぱく質をしっかりとり、ビタミンB群を補給して代謝不良を改善しましょう。緑黄色野菜の温サラダや豚汁、鮭や牡蠣などがオススメです。好き嫌いがある方や、タバコを吸う方、ストレスが強い方はサプリメントで補うのがいいでしょう。
コラーゲンドリンクや長命草(青汁)などで、足りない栄養素を上手に補いましょう。

秋のお手入れは本格的な乾燥シーズン前の肌作りで大切な時期です。秋のお手入れ次第で、冬の乾燥、シワたるみが軽減されますので、今のうちに丈夫な肌の基礎を作っておきましょう。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です